民間企業のブロックチェーンは撞着語ですか?

2018年10月27日) )

始める前に、この記事はコンソーシアムを含まない組織内でのブロックチェーンの使用に非常に固有であることを明確にしておきます。パーミッションDLT(Distributed Ledger Technology)でブロックチェーンを使用する重要な機能の1つは、ブロックチェーンを複数の組織に分散することにより、データの出所の不変性を確保することです。これにより、Distributed Ledgerコンソーシアムの一部である他の組織で利用可能なブロックチェーンと互換性がなくなるため、1つの不正な組織が保存されているデータを変更してブロックチェーンを再構築することができなくなります。しかし、企業内のブロックチェーンでDLTを活用したい場合、このモデルは壊れます。このようなシナリオでは、組織は、最初のブロックが作成された後、ブロックチェーンを改ざん(ハードフォーク)していないことを証明する他の方法が必要です。この記事では、これに対処する方法のいくつかについて説明します。

組み込みソリューションでブロックチェーンを使用する

GuardtimeのようなDLTがいくつかあり、組織のブロックチェーンを外部のブロックチェーンと統合することでこの問題を解決しました。外部のブロックチェーンは、チェーンを検証するために誰でも利用できます。このようなソリューションは間違いなく評価する価値がありますが、ソリューションの独自性を考えると、これはすべての人に受け入れられるとは限りません。このインフラストラクチャを外部化および標準化して、基盤となるブロックチェーンテクノロジーに関係なく他のソリューションを簡単に統合できる場合は、より適切なソリューションになる可能性があります。

セキュリティが組み込まれたプラットフォームを使用する

TPMを使用して開発された、安全な実行および監査機能を提供する新しいプラットフォームがあります。これらのプラットフォームは、DLTのホスティングを含む多くのソリューションの開発に使用されています。組織はこれをプラットフォームとして使用して、ブロックチェーンソリューションを構築できます。プラットフォームを明示的に使用して、そのようなソリューションを確実に提供できるブロックチェーンソリューションを知りません

パブリックブロックチェーンを活用します

もう1つの方法は、パブリックブロックチェーンにプラグインして、組織のブロックチェーンの拡張として使用することです。 HyperledgerとEEAの新しい提携により、組織がすぐに使用できるように、このような統合が開発されることを期待しています。

企業内でのブロックチェーンとDLTの成長は遅いですが、着実に進んでいます。組織内で使用されているテクノロジーに限定された基盤を必要とする多くのユースケース(監査など)があります。この記事では、企業内でDLTを活用するために使用できるいくつかのアプローチを取り上げました。