私たちはタイムマシンです

基本的な写真カメラを10日間で作成し、時間内に世界中を凍結した方法独自のレンズを使用

(PrasantaKumar Dutta)(2018年6月25日)

タイムトラベル は、確かに誰にとっても常に興味をそそるものでした。 戻る または forth 時間と空間で? コンテキスト をどのように理解して定義しようとしますか時間と空間?誰のために「アーティファクト」を提案、考案、設計、作成しますか?

これをNationalInstitute ofDesignで開催されたInternationalOpen Electives 2017の概要として、私たちはその瞬間の観点から調査に着手しました。カメラを通して凍結されます。しかし、それを行う前に、段ボール、紙、虫眼鏡を使って基本的なカメラを作成し、写真を撮る必要がありました。

ワークショップは NID Gandhinagar キャンパスで、 Hiro Sato —写真の准教授大阪芸術大学、日本

さまざまな分野やバックグラウンドを持つ学生のクラスと一緒に仕事をしたり、学んだりするのは素晴らしい経験でした。日々の旅と体験を語ります。

佐藤博(左)セッションの演説

#Day 1

自己紹介が終わった後、ヒロは私たちに説明しました光学の物理学を再考することによるカメラの基本的な働き—光がどのように物を見えるようにするか、そしてレンズがどのように光を使って物体の画像を形成するか。彼は私たち一人一人に虫眼鏡と一枚の紙を配り、日光を使って紙に私たちの名前を書いて(もっと燃やすように)それをチェックするように頼みました!

誤ってスポットに焦点を合わせないように注意しながら、動作させるまでに少し時間がかかりました。指で!

教室に戻った後、ヒロはサイナカメラ

を紹介してくれました。 a> —そのさまざまな部分とその機能。

Sinarカメラ(左)と写真の撮影それを使用した壁のポスターのaph
ヒロがレンズアパーチャのセットアップ(左)と写真をデモンストレーションしますフィルムホルダー(右)

カメラの製造に必要な主要部品は—

1として識別されました。焦点距離調整用ベローズ付きカメラ本体
2。絞り制御付きレンズ
3。シャッター付きフィルムホルダー

最初のタスクは、ベローズを作成することでした。これは重要な部分であり、正しく行うのが比較的難しい部分だったためです。

写真では、ベローズはカメラ(通常は大型または中判カメラ)のアコーディオンのようなプリーツ付きの拡張可能な部分であり、焦点を合わせるために焦点面に対してレンズを動かすことができます。
カメラでは2種類のベローズが一般的に使用されています— バッグベローズは通常、焦点距離の短いレンズで使用されます。およびアコーディオンベローズ拡張範囲がはるかに長い

アコーディオンを作成していました私たちのカメラのベローズは、紙の折り方に慣れることが必要でした。ヒロは、ベローズ作りを練習するために、山谷の折り目の線でマークされた紙を私たちにくれました。

提供されたサンプルを使用して、複数のA4シートを使用して練習しました

課題は、カメラ本体に光漏れが発生するため、折り目で紙が破れることなく、折り目を正しく行うことでした。細心の注意と注意が必要でした!

#Day 2–3

十分に安定した構造になるまで、ベローズ作りの練習を続けました。

各シートが生成されました完全な構造を得るには、半分のベローズを接着する必要がありました。

最後のベローズは、標準のはがきのフレームサイズ(4 “x 6 “)黒のマット紙を使用。しわは後で光の絶縁を確実にするために黒いペンキで吹き付けられました。カメラのレンズとなる標準的な拡大鏡が提供されていました。レンズの焦点距離を計算し、それを使用して、カメラに必要なベローズの長さを概算しました。

以下の用紙の準備そして最後のベローズ(右)

ヒロはまた、フィルムホルダーのメカニズムとそれにシャッターを組み込む方法を詳しく説明してくれました。それが翌日私たちが取り組んだことです。

#Day4–5

レンズは通常、ベローズの一方の端に固定されます。ただし、便宜上、レンズホルダーの取り外し可能な配置を試みました。私たちの何人かは、虫眼鏡ホルダーからレンズを取り外し、レンズホルダーとして機能する段ボールに取り付けました。

虫眼鏡の配置全体を使用して、ガラスの直径に等しい穴に収まるようにしました。ハンドルを使用して、ベローズを拡大または縮小することで焦点距離を調整できます。
レンズホルダーの反対側は、取り外し可能なボックスのようなメカニズムでベローズに取り付けられました

次はフィルムホルダーでした。私たちは、試験用に小さなフィルム(この場合は印画紙)を収納するものから始めました。パーツは黒いボール紙で作られ、瞬間接着剤を使用して貼り付けられました。また、最終的な写真を撮る前に、ファインダーを作成して画像をテストし、カメラの焦点を調整する必要がありました。

一時的なファインダー(左)とフィルムホルダー(右)

カメラをテストするために数枚の写真を撮りました。キャプチャされた写真はネガでしたが、暗室でポジティブに現像されました。

古い写真手法、湿板を試してみたかったのです。 >プロセス。それで、ヒロはコロジオン溶液を準備して週末に残し、組み立てた翌日に使用できるようにしました。

#Day 6

これで、ほとんどの基本的なカメラをセットアップし、ガラス板を用意して、湿板を試すためにラボに向かいました。

コロジオンをガラスプレートに注ぎ、乾燥させてガラス上の薄層にします。次に、カメラのフィルムホルダーに入れて、写真画像のキャプチャに使用します

ソリューションに問題があるため、結果は満足のいくものではありませんでした。 。そのため、残りのワークショップではフォトペーパーを使用することにしました。残りの日は、写真を撮り、カメラのセットアップなしで問題を特定しました。

曇り湿板でコーティングされたガラスプレートにキャプチャされた画像

#Day 7–8

完全なセットアップの組み立てに着手しましたカメラ。ベローズは今までに摩耗して光漏れが発生したため、一部の人はベローズを作り直さなければなりませんでした。

ベローズに光漏れがないか確認する

フルフレームのフィルムホルダーとファインダーを作りました。ベローズのもう一方の端には、フィルムホルダー/ファインダーをスライドさせることができるスライド機構が取り付けられていました。

フルフレームフィルムホルダー(左)とスライドシャッター付き(右)

ここで、セットアップ全体をベースに取り付けて、カメラを使用する必要がありました。レンズエンドが可動のMDFボードにカメラを固定しました。写真を撮っているときにカメラの焦点を合わせた後、レンズの端を固定するために、2mmのギャップで区切られたスリットがありました。レンズは、レンズキャップとして機能する段ボールのフラップで固定されました。

私の最後カメラのセットアップ

最終的なカメラのセットアップでは、他の人がさまざまな方法を使用しました。興味深いものの1つは、完全なカメラを箱に折りたたんで運ぶことができるものでした…かなりかっこいいです!

#9日目

1日を過ごして人々の写真を撮りました、キャンパス内の場所や物。暗室から離れすぎないように、建物の周りに固執しようとしました。

まともな写真を撮るまでには、何度も試行錯誤を繰り返しました。露出時間は重要であり、照明条件に関係なく、カメラの絞りは固定されているため、それに応じて調整する必要がありました。

#Day 10

最終展示の日でした。講堂に展示するためにカメラと写真を組み立てました。私たちの作品がようやく形になっていくのを見るのは素晴らしい経験でした。

ディスプレイの横にある私のカメラクラスメートの作品