家から離れた家:住居に住む私の経験

MacEng Fireball Diaries)(2020年8月5日)

Gauri Arora:機械工学、レベル2

私が下した最善の決定は自信を持って言える(明らかにマクマスターからの私の申し出を受け入れた後)は2019年5月30日に居住申請書に記入することでした。私はこれをほぼ正確に1年後に書いています。大学1年生からの信じられないほどの量の素晴らしい経験と思い出がたくさんあります。

いつも幸運にも母に毎日食べ物を作ってもらい、家族から3日以上離れたことがなかったので、私が考えることができたのは、その方法だけでした。地球上で私は一人で住むことになっていたのですか?どのように「大人」ですか?正直なところ、慣れるのに少し時間がかかりますが、その数ヶ月間自分ですべてをしなければならないことは、私に独立について多くを教えてくれました。物事の溝に入ると、食事を作ったり、洗濯をしたり、信じられないかもしれませんが、トイレを掃除するたびに達成感を感じ始めました。住居に住むことで、現実の世界に住むことがどのようなものかを少し味わうことができ、誰もがいつも話している「大人」のやり方を理解するのに役立ちました。また、各住居の建物に住むコミュニティアドバイザーのように、物事を理解するのに役立つリソースもたくさんあります。

私のアドバイス:それらを活用してください!彼らはあなたが必要とするサポートを提供するために常にそこにいて、私たちの最初の年を通して私の友人と私にとって素晴らしい友人/メンターでした。また、一人暮らしについてはあまり心配しないでください。私ができるのなら、私も信じてください。

見つけたものは友達にとって非常に重要で、本当にできました。私たちの寮を私たち自身のものにしてください。あなたのスペースに個人的なタッチを加える方法はたくさんあり、そうすることで、特に最初は、家にいるように感じることができました。友達や家族の写真、家を思い出させる小さな小物、そして自分のスタイルを加えるのに役立つ装飾がたくさんあるのは、私にとって本当に慰めでした。私たちの友人の2人、ルームメイト、そして私はスイートに魚を飼うことさえできました。それは私たちにとって本当に楽しかったです!

私のアドバイス:できるだけ部屋をパーソナライズしてください。壁に穴を開けることはできませんが、寮を家から離れた場所にするのに役立つ装飾方法はたくさんあります。

家から離れて、知らない人と一緒に暮らすという考えは、本当に怖いものです。私にとって移行を容易にしたのは、私が持っていたサポートシステムでした。住居での生活の最高の部分の1つは、友​​達を作ることがいかに簡単になったかです。ウェルカムウィークに入ると、私と一緒にいたのは、ルームメイトを含む高校生の友達だけでした。その数日後、たまたま私の住居の共同部屋で何人かのグループに会い、それ以来毎日一緒に過ごしてきました。一週間以内に、私たちは自分たちの小さな家族を作り、一生続くと私が知っているつながりを形成しました。私たちの同じウェルカムウィークの乗組員は、FOCO、ハロ​​ウィーン、すべての誕生日を祝い、クリスマスの秘密のサンタパーティーを開催しました。このグループを持つことは、私たち全員がこの新しい生活を楽にするのに本当に役立ちました。家から離れていること、新たに発見された独立、中間期、決勝戦、そして1年目に伴う恐ろしいがエキサイティングなことすべてを、私は一人で経験したことはありません。大学に入学すると、さまざまなバックグラウンド、高校、さらには国から来たにもかかわらず、全員が同じ船に乗っています。

私のアドバイス:自分自身をそこに置き、新しい友達を作ることを試みることが重要です。なぜなら、あなたが話す誰もが同じことをしたいと望んでいるからです。住むことを決意したことで親友に会うことができたことに、私は永遠に感謝しています。学部生を一緒に修了することで、彼らとさらに多くの思い出を作ることを楽しみにしています。

全体として、1年目は完全な学習曲線であり、すぐにそれが理解についてであることに気づきました。あなたが行くように物事。それはあなたが多くの個人的な成長を経験し、たくさんの思い出を作る時です。一歩踏み出して、乗り心地を楽しんでください。住居での生活を検討している場合は、アドバイス:やってください!