Acer Chromebook Spin13とInfinitePainterを使用した落書き

toddogasawara)(2019年8月24日)

Acer Chromebook Spin13のAndroid用InifinitePainter注:落書きの日付が間違っています。 7.19(2019年7月19日)になるはずです。

昨夜、一連の毎日のDoodleでDoodle965を終了しました。そして、落書き用にさまざまなハードウェアとソフトウェアを試し続けています。 7月のAmazonプライムデーに販売されている Acer Chromebook Spin 13 を購入しました。それは多かれ少なかれSamsungChromebook Plus(素晴らしいデバイスで私の最初のChromebook)に取って代わりました。 Spin 13には、バッテリーレスの Wacom EMR テクノロジーに基づくスタイラスが付属しています。落書き用のお気に入りのアプリであるProcreateはAndroidまたはChromeOSで利用できないため、 Infinite Painter を8ドルで購入しました。インフィニットペインターは試用期間中無料でご利用いただけます。しかし、試用期間は、テストに取り掛かる前に期限切れになりました。

Samsung and Acer EMR styli on上。下部にあるApplePencil。

Acer EMRスタイラスは、少し長いため(Apple Pencilほど長くはありませんが)、Samsungよりも落書きに適しています。 。どちらもApplePencilの滑らかな感触はありません。しかし、繰り返しになりますが、どちらもApplePencilのように100ドルの追加料金はかかりません。スタイラスのタッチスクリーンはタッチポイントの検出に少し積極的すぎるため、InfinitePainterでいくつかの偽のマークが付けられました。とはいえ、全体的な経験はかなり良いです。私が普段1日20〜30分の落書き運動に使用している10.5インチのiPadProよりも大きなディスプレイを持っているのは素晴らしいことです。質的な違いを説明するのは難しいです。ただし、キャンバスを少し大きくすると、感じが異なります。

ええと…エクスポート時に背景に何かが発生しましたPNGファイルへの描画。アルファレイヤーの問題のようなものですか?

インフィニットペインターを一度使用しただけで「レビュー」するのは不公平です。とはいえ、ChromebookまたはAndroid用のProcreateがないため、InfinitePainterは落書きをテストするために使用するのに適したアプリでした。目立った奇妙な点が1つありました。テスト落書きをPNGファイルにエクスポートすると、ニュートラルグレーの背景レイヤーが何らかの理由で失われました。残ったのは空のアルファレイヤーで、Googleフォトで表示すると背景が黒くなったようです(上記を参照)。