CrashlyticsによるBitbucketPipelinesとBetaを使用した継続的デリバリー

2019年1月12日)

パイプラインを使用してテスト用のアプリを配信

Bitbucketによる継続的配信パイプライン

おそらく、自動化の構築とテスト用に特別に作成されたBitbucket Pipelinesについて聞いたことがあるでしょう。これは、継続的デリバリーのための素晴らしいツールであり、 QAの簡単な展開。しかし、数か月経っても、Crashlyticsの完全なセットアップとリリースを行うための優れたチュートリアルが見つからないため、次のようになります。

まず、リポジトリでBitbucketパイプラインを有効にする必要があります。権限を持つ。 Bitbucketは、セットアップ用のYMLファイルを作成するように要求します。必ずDockerバージョンを選択してください。ただし、発生しない場合は、ビルド環境としてDockerHubからカスタムDockerイメージを指定できます。

このファイルを分析してみましょう。Javaのイメージがあります。また、スクリプトで、この場合は「デプロイメント」のデプロイメントを作成するブランチを選択します。一部では、API 28のビルドツールを使用して、Dockerで使用するために必要な情報をAndroidからダウンロードします。これは、プロジェクトにAndroidPieのターゲットがあることを意味します。また、コード内で単体テストをテストしたいと思います。

Crashlyticsのバージョンをリリースするには、crashlyticsUploadDistributionDebugを使用してassembleDebugを作成する必要があります。あなたはおそらく考えているでしょうが、Fabricにある特別なテスターのグループのセットアップをどのように行うのですか?これをGradleアプリモジュールに追加するだけです:

debug {
minifyEnabled false
debuggable true
proguardFiles getDefaultProguardFile("proguard-android.txt"), "proguard-rules.pro"
ext.betaDistributionGroupAliases = "your-testers-group-name"
ext.betaDistributionNotifications = true
}

準備ができたら、選択したブランチにプッシュして、魔法が起こるのを確認してください

助けが必要な場合は、いつでも喜んでお手伝いします。ここで私を見つけることができます。
中:(https://medium.com/@dinorahto)
StackOverflow: https://stackoverflow.com/users/4613259/dinorah-tovar

Happy Coding!👩🏻‍💻