パンデミック中の翻訳:2020年からの要点

Jala Translate )(2020年12月30日)

写真提供 Chris Montgomery on スプラッシュを解除

変化は人生で唯一の不変のものです。

この反論は残念ながら2020年に当てはまります。この新しい10年が悲劇的な風刺やジストピアの黒人のように展開するにつれて、ミラーエピソードでは、人類は、私たちの仕事、社会的交流、特にヘルスケアにおいて、適応するために一見克服できない偉業を乗り越え続けています。

翻訳シーンでは、パンデミックは即座に公的危機時の翻訳サービスの重要性から commuコミュニティ全体で重要な情報を整理します。

2020年のリモート翻訳作業

写真提供 Charles Deluvio on スプラッシュ解除

2020年の大部分は家にいたにもかかわらず、私たちは疲れ果てて「他とは異なり、ズーム疲労」。翻訳者はリモート作業に慣れていますが、作業の不確実性は依然として大部分が避けられないストレスの原因です。

CSAリサーチが1,228の言語サービスプロバイダーを調査したとき 100か国から、言語学者の61%が仕事の減少を報告し、フリーランサーの56%が収益の落ち込みを経験したことがわかりましたが、今年は同じ率でした。

全国的なロックダウンの経済的影響にもかかわらず、 、ヘルスケアセクターなどの特定の業界で翻訳サービスの需要が急増しました— 危機の際に重要な翻訳サービスが必要。

CSA Research、2020

翻訳の未来

これらの統計を考慮すると、翻訳者の将来はどうなるでしょうか。来年?

人工知能が機械翻訳機能を変革し、デジタルの成長を加速させるにつれて、機械がいつか人間の翻訳者に取って代わるかどうか疑問に思うのは難しいかもしれません。

しかし、将来は完全に暗いわけではないかもしれません。

機械翻訳と人間翻訳は、互いに排他的ではなく、今日のように密接に関連しています

a>。翻訳業界が進化し、関連性と包括性を実証するためには、の流れに立ち向かうために、弾力性、柔軟性、オープン性が必要です今日のデジタルエポック。

幸運なことに、これらのシフトを案内するツールが手の届くところにあります。私たちにできることは、これらの変化の波に乗ることです。

Jalaのチームを含む翻訳コミュニティがどのように適応したかを振り返ってみましょう。

Jalaで学んだこと

1。デジタルリソースへのアクセスの重要性

Jalaチームにとって、リモートワークがすでに標準であったことは幸運でした。 3か国にまたがる小さなチームとして、 Slack などのデジタルツールを介して接続を維持しました(そして正気でした)。 Googleハングアウトズームミロ Figma Coda エアテーブル

キャビンフィーバーを抑制し、チームのストレスを管理し、モラルを向上させるために、毎週のスタンドアップを開催して共有しました仕事の最新情報と、オンラインゲームをプレイした仮想ランチハングアウト。それに加えて、今年は関連のない作業活動を使用して、個人またはチームとして創造力を発揮しました。 —ビリヤニ料理の挑戦からテラリウム作りのワークショップまで。

また、多くの無料リソースを利用しましたクリックするだけでアクセスできます。Jalaでは、業界の変化を学び、それに追いつく方法を常に模索しています。私たち一人一人が、総会コースセラおよび Udemy 、ほんの数例を挙げると。休暇中に何かすることをお探しの場合は、チェックする価値があると思われる無料のオンラインコースのリストをまとめました。

2。コミュニティとのつながりを維持する

今年、また、翻訳者が翻訳のキャリアをナビゲートするのを支援することを目的とした、無料の翻訳ウェビナーをすべて実行しました。今年の最終翻訳ウェビナーでは、4人のベテラン翻訳者が参加し、90人以上の参加者と個人的な経験を共有しました。

このシリーズの目的はの洞察、ヒント、アドバイスをすべてのバックグラウンドの翻訳者に共有します。私たちが一貫して強調したことの1つは、リソースと他の人とのコラボレーションを探す必要があることでした。翻訳者として、私たちは完全に孤立して仕事をしているように感じるのは簡単ですが、他の人とのネットワーキングは、有意義な機会を手に入れるのに役立つだけではありません、リソースを共有するためのより広く寛大なコミュニティに接続するのに役立ちます。今年私たちが話をした専門家のパネリストは、確かにコミュニティのために豊富なアドバイスと知恵の宝石を持っていました。

3。ギグエコノミーにとって優れたプラットフォームの重要性

リモートワークは、考慮すべき新しい力です。パンデミックにより、ソフトウェアサークルを超えた多くの人々が一夜にしてデジタルシフトにウォームアップすることを余儀なくされているため、フリーランサーの需要と機会には前例のないレベルにエスカレート

現在の激動する経済情勢と相まって、COVID-19の嵐を乗り切るための有料ギグの必要性を理解しています。 2020年10月、Jalaは支払い機能を公開し、翻訳者が有料の仕事を見つけられるようにしましたビジネスオーナーと。これを試してみたい場合は、クローズドベータ版のこちらに参加してこの無料アップデートに登録できます。

内容適応するためにできること

写真提供者 William Iven on スプラッシュ解除

1。オンラインでの存在感を高める

あなたのポートフォリオは、人々があなたの仕事についてもっと学ぶための最初の手段です。まだの場合は、今がプロファイルを復活させ、以前の栄光にアップグレードするときです。目標を切り詰めて、専門分野、対象業界、焦点、独自のスキルを再評価します。

個人ウェブサイトフリーランスの翻訳者を求めて検索エンジンを探す企業が増えるにつれ、時間を使ってSEOの詳細を学び、個人のWebサイトを最適化して後押しします。

ポートフォリオの準備ができたら、袖をまくり上げて市場に参入しましょう。翻訳サービス。以前のクライアントと再接続し、新しいクライアントとネットワークを構築します。利用可能であることを伝え、最近の改善、トレーニング、資格情報、および達成した関連プロジェクトを表現することを躊躇しないでください。

2。機械翻訳を友達にしましょう

機械翻訳は今後も続くので、友好的になってみませんか?翻訳の品質とスピードは、厳しい時間枠内で重要な作業を必要とするクライアントにメリットをもたらします。 機械翻訳とCATツールは、翻訳プロセスを合理化し、生産性を向上させるための信頼できるアシスタントとして機能します。豊富な翻訳ツールの詳細については、こちらをご覧ください。

3。学ぶのに遅すぎることはありません

スキルと集中力を多様化することは、実際には不確実な経済期間の管理に役立つ可能性があります。ペースが遅い場合でも、仕事でダウンタイムが発生している場合でも、余分な時間を使って新しいスキルを習得してください。履歴書を最高の状態に飾るのに役立つ場合があります。 編集、校正、SEO、マーケティングなど、専門分野の新しいテクニックを学びます。おそらく、これは新しいCATツールの使用方法を学ぶのに最適な時期です!あなたのキャリアと翻訳への興味を豊かにする方法を見つけましょう。

4。有意義なプロジェクトに参加する

有意義なプロジェクトに参加し、スキルを伸ばす機会を探します。あなたのユニークなスキルは、あなたの翻訳サービスを他のサービスと差別化するのに役立ちます。 意味のある プロジェクト は、あなたが誰であるか、翻訳者としての原則を説明しています。あなたのプロジェクトは、あなたが情熱を注いでいる種類の仕事を表しています。これにより、あなたの興味に合った関連する仕事ができるようになるかもしれません。

Jalaでは、翻訳は社会的利益のために使用できます。 PrathamBooksの StoryWeaver やAsiaFoundationの Lets ReadAsiaなどの組織によるさまざまなプロジェクトを引き続き開催しています。 と、COVID-19の期間中に影響を受けるコミュニティに情報を提供することを目的とした他の多くの非営利プロジェクト。

変化を受け入れる

翻訳シーンは変化し進化していますは、新しいデジタルツール、仮想イベント、世界的な変化の波とともに、まだ理解されていない可能性があります。同時に、オンライン作業への移行は、あらゆる分野の翻訳者との関わりを促進する包括的な方法を提供しており、近い将来に消滅する可能性は低いです。

変化は確かに私たちの生活の中で一定ですが、 、私たちはこれらの激動の変化に対応し、適応して進化する機会を作り出すことができます。

Jalaでは、コラボレーションプラットフォームとコミュニティを通じて、翻訳者とビジネスの利便性を継続的に改善、刷新、導入できることに興奮しています。これまでの私たちの旅をフォローし、サポートしていただきありがとうございます。今後も、優れた翻訳作業のための最高の翻訳リソースとプラットフォームをお届けできることを願っています。

2021年以降!

LianiMK著

翻訳は楽しかったですかジャラの特定のプロジェクト?私たちのプラットフォーム、ウェビナー、ブログ、ソーシャルメディアについてどう思いますか?どのようなプロジェクトをもっと見たいですか?

[email protected]などでお知らせくださいソーシャルメディアプラットフォームの概要— Facebook インスタグラム Twitter および LinkedIn